引っ越し作業をていねいに行なってほしいと思っているあなた。

そう思うのは当然ですよね。自分の大切な荷物を乱暴に扱われても構わないなんて言う人はどこにもいないと思います。

僅かな負担で、その大切なあなたの荷物をていねいに扱ってもらう確立を大幅に向上させる裏ワザがあるとしたら、あなたもやってみたいと思いませんか?

そうです。勘の鋭い人は、もう気づいていますよね。

その裏技とは、「引っ越し作業のスタッフに、何かしらの心づけ・チップなどを渡す」ことです。

「なんだ、結局お金を使うのか!」

そんな声が聞こえてきそうですが、ズバリその通りなんです。

引っ越しの作業スタッフも人の子。

やはり、いざ引越し業者を利用する場合依頼をした立場として、作業をしてくれている人への心配りは必要だと思います。

私が引っ越しをするのなら、作業員への心づけは必ず渡します。大切なので、もう一度言います。必ずです。

 これには色々な方法があります。

 海外でおなじみのチップ。

これは日本ではあまりチップを渡す習慣がないために行っている人はそんなにいません。

ですが、引っ越し作業のような力仕事をお願いする場合、また、引っ越しは新居に引越すなどのおめでたい場合も多く、そのご祝儀の意味も込めて作業員に対してチップを渡すことが多いようです。

チップの金額の相場と渡すタイミング

このように引越し作業員にチップを渡す場合には、その金額は、一人1,000円くらいが相場になっているようです。

チップを渡すタイミングとしては、作業開始の前に渡すと効果的でしょう。

基本的に作業後にチップを渡すのでは、せっかく渡すチップの効果を最大化できません。

チップ(お金)以外には、ジュースを渡すとかお茶を出すこともよくあります。

お茶碗やコップで出すよりもペットボトルなどのほうが、休憩をするときに車の中に持っていくことができたりするので、喜ばれているようです。

「現金を渡すことには少し抵抗がある。」と感じる人には、少しの感謝の気持ちとして飲み物を渡すといいと思います。

特に夏場などは沢山の汗をかきながら力仕事をしてもらう訳ですから、熱中症対策の意味も含めて水分補給の冷たい飲み物は必需品です。

そして何より引越し業者の人も一人の人間です。

なので、人から受ける好意というのは内容が何であれ嬉しく思うものです。

「期待に答えないと」という気持ちが湧き、引っ越し作業に対するモチベーションも上げてもらえるのです。

引越し業者を依頼した場合には全部お任せできますが、依頼主として作業をしてもらっている人への心配りはきちんとしてほしいと思います。

お金を払っているのだから当然という考えではなく、人としての「気持ち」が作業スタッフを動かす力を持っているということはご理解いただけたと思います。

チップを渡すことで満足のいく作業を行ってもらうということは「好意の返報性」の一種と言えます。