引っ越しをする前の準備で必ず必要な作業として、まず荷物をまとめる荷造り作業があります。

洋服や、大きな荷物であれば簡単にできてしまうものもありますが、普段片づけ慣れていない食器や、本、鞄などは壊れないように運ぶためにどのように荷造りをするのが正しいのか、素人は知っているようで実は知らないものです。

例えば、本を梱包するとしましょう。段ボールに収まりが良いからと言って本だけをギュウギュウに詰めてしまう人がよくいますが、これは間違いです。

運ぶ引っ越し作業員も人間です。いくら怪力の持ち主でも限界がありますし、たとえ持てたとしてもそれは引っ越し作業員の方に配慮がなさすぎます。

このように重たい本などは、小さ目の段ボールに入れるか、大きめの段ボールに入れる場合は、軽い洋服などと適度に混ぜて入れると良いでしょう。

 

また、普段の仕事が忙しく細かい物をしまう時間を作る余裕が無い場合や、小さな子供がいて作業しにくいときに便利なサービスで荷造りを代行してくれると言うものがあります。

指定をした日に、スタッフを派遣してくれてい手伝いをしてくれるので、お任せをすれば物が壊れてしまう心配もありませんし、手間もかかりませんのでとても便利です。

 

そして、引っ越し先で荷解きのサービスもあります。

これは、指定した場所に荷物を置き、段ボールを開けて食器などを並べてくれるサービスです。

折角引っ越しが終わったのに、細かい荷解きがなかなかできずにいつまでも引っ越しが終わらないといったこともなくなり、引っ越しをしたその日から、新居での生活をスタートできると言うサービスです。

金曜日まで会社で働き、土・日の休日を引っ越しに費やし、また月曜日から新しい転居先での生活が始まる。といったような忙しい方も多いのではないでしょうか。

荷造りをする作業も、荷解きをする作業も、忙しい生活の合間に少しずつ進めるのは実際大変な作業です。

このようなオプションを利用してスムーズに転居先での生活が始められるととても便利です。「時は金なり」という言葉を大事にする方にはぜひともお勧めしたいオプションです。