家の建て替えなどで引っ越しを行う場合は、新居が完成するまでの間、まずは一次的な仮住まいに引越しをします。

そして新居が完成したら、再度、仮住まいから完成した新居へ引越しを行いますので、合計2回の引っ越し作業が必要になります。

更には仮住まいに住んでいる間に荷物を一時保管してもらうトランクルームも必要です。

あくまでも、新居が完成するまでの数か月間の間の仮住まいですので、その数か月の間に生活に必要な荷物を持ち込むだけで、全ての荷物を運びこむことは無いことがほとんどです。

引っ越しのオプションの中には、このような建て替え時を想定し、トランクルームや倉庫などで、ちゃんと荷物の一時保管を行なってくれる業者もあります。

仮住まいに持ち込まない荷物を保管するスペースを用意してもらえるのはとっても便利ですよね。

利用料金は、引っ越し業者や荷物を保管するスペースなどにもよって違いがあるので、一時保管場所が必要な場合には事前に相談することをお勧めします。

引っ越し業者によっては、2回の引っ越し作業と建て替え時荷物の一時保管がセットになっているプランなども用意されていますので確認してみてください。