引っ越しをする場合には、いろいろなプランがあります。

費用を抑えるために、荷造りや荷ほどきは自分で行うという方も多くいるのではないでしょうか。

ですが、時によっては、自分で荷造りをする時間がなかったり、部屋数が多くて自分だけではとても手に負えないという場合や引っ越しを少しでも楽に行ないたいという理由から、おまかせパックやらくらくパックを利用するという方もいますよね。

おまかせプランやらくらくパックなどの引っ越しサービスは、金額は相応に高くなってしまいますが、引っ越し業者が荷作りや荷ほどきを行ってくれるというものです。

仕事で忙しかったり、急に決まった転勤などで荷づくりや荷ほどきの時間を取れない人。

小さな子供がいて、ゆっくりと荷づくりや開梱作業に集中できない、または妊娠していて動くのも辛いといったお母さん。

高齢や身体が不自由などといった理由で、できるだけ引っ越し作業の負担を軽くしたいといった人。

このような人々にとっては、とても重宝する引っ越しサービスです。

ですが、おまかせパックやらくらくパックを依頼したからと行って、引っ越し業者が全ての作業を行ってくれるわけではないのです。

引っ越し業者が行なう作業内容は、それぞれの引っ越し業者やパック内容によって違いがありますので、引っ越しを依頼する時には、作業内容や料金などもしっかりと確認・比較して選ぶようにしましょう。

また、荷造りを行うときには、食器棚の中や箪笥の引出し、部屋ごとなどの区分をして梱包しますが、荷ほどきをしてそれぞれをしまうときには、そのものの位置までをもとに戻すことはできません。

 

作業終了後に自分の思い通りでなかった場合には、自分で整理するなど細かい作業がありますので、その辺もしっかり理解しておくようにしましょう。