引っ越しといっても、いろいろなケースがありますよね。

マンションやアパートなどへの引っ越しもありますし、家の建て替えなどのための引っ越しもあります。

建て替えの場合に行う引っ越しは、2回引っ越しを行うことになります。

一度目は、建て替えのため、家の中をからにするための引っ越しで、二度目は、新居が完成してから、荷物を運び入れるための引っ越しです。

建て替えのために引っ越しをする際は、今まで使用していたものすべてを仮住まいに運び入れることは無理があるかもしれません。

その場合には、必要最低限の物だけを運び入れるようにし、後の残りの荷物は、レンタルボックスやトランクルーム、貸しコンテナなどを利用して保管するといいでしょう。

引っ越し業者の中には、荷物の保管場所を手配してくれる業者もありますから、その場合には、引っ越しと合わせて利用すると便利だと思います。

荷物の保管を依頼する場合には、保管場所がどのような場所にあってどのように保管されるのかということも確認する必要があります。

 

大切な自分の荷物ですから荷物に対して、安全かどうかや保険の有無などもしっかりと確認するようにしてください。

引っ越し業者によっては、2回とも同じ業者にお願いすることで割引を受けられる引っ越し業者もありますから、その辺の情報収集もしっかりと行うようにしましょう。

 これらの状況なども含めて複数の業者に一括見積もりを依頼すれば、その都度引っ越し業者を探すよりも、格段に安くなります。