知らない人は驚くかもしれませんが、ほとんどの引越し業者は、定価という概念を持っていません。

なので、最初の段階では、高い見積金額を掲示してきます。

これは、引越し見積の常識ともいえることです。

なので、引越し業者に対しては、必ず値引き交渉をしましょう。

言い値で引越しをするほどバカバカしいことはありません。

一般的には、値引き交渉をすることによって、最初に掲示された見積金額から3段階ほどは安くなるものなのです。

引越し業者によっても異なりますが、交渉を行なうことで、ほとんどの業者で値引きしてもらうことが出来ます。

 

引越し業者にとって一番のプレッシャーとなるのが、「ライバル会社にお客様をとられてしまうこと」です。

特に、大手企業になると、他社にお客様をとられてしまうのを一番恐れています。

なので、ライバル業者の見積りをチラつかせることで、大きなプレッシャーを与えることが出来るのです。

そのため、引越し業者を選ぶ時には、一括見積サイトなどを利用して、比較出来る材料を用意しておくことが大切です。

安い業者の見積もり金額をチラつかせることで、引越し業者はその値段に届くような値引きを始めるでしょう。

これを数社に対して行い、営業マンの反応を伺うことで、次第に各社の限界価格が見えてきます。

中には、すぐに返事はしない業者がいたとしても、ほぼ100%の確率で値引きしてくれるはずです。

最終的に最も安い金額の業者に決めるのも良いですし、各社ある程度のラインまで提示金額が下がったら、対応やサービスが最も良さそうな業者に決めるのも良いですし、あとはお好みで良いと思います。

引越し業者の最初の見積りは、絶対にそのまま鵜呑みにせず、値引き交渉を行ないましょう。

そのためには一括見積もりサイトを利用して、複数社からの見積りを取得することは必須です。