自力での引越しは、なんといっても安く済ませることが出来るというイメージがありませんか?

しかし、安いと考えがちな自力での引越しは、実は場合によっては逆に高くついてしまうこともあるので、注意が必要です。

例えば、レンタカーを借りた場合、レンタカー代がかかってしまいますね。

だいたいレンタカー代が1万円としましょう。

そして、友人に引越し作業を手伝ってもらったとします。

そのお礼として食事や謝礼などを払った場合、一人当たり5千円くらいはかかってしまうでしょう。

友人二人に依頼した場合、1万円です。

この時点で2万円の費用がかかってしまいますね。

これ以外にも、ガソリン代や拘束料金などをプラスしてしまえば、あっという間に3万円は超えてしまいます。

また、自力で引越し作業をした場合、何か物を破損してしまう可能性も考えられます。

自分も含め、頼んだ友人などもプロの引越し業者ではありませんから、大いに有り得ることです。

大きなタンスや冷蔵庫を運んでいる際に、物が破損してしまったり、壁を傷つけてしまう可能性だって無きにしも非ずです。

そうなってしまった場合、修理や買い替えなど、結局は引越し業者に頼むよりも費用がかさんでしまうことになります。

その点、たとえ引越し業者が物を破損したとしても、引越し業者の加入している保険で弁償してもらうことができますので、やはり引越し業者のほうが安心です。

 

なので、自力での引っ越し作業は、安く済ませることが出来るというイメージをお持ちかとは思いますが、必ずしも安く済ませることが出来るわけではないのです。

それよりも、格安の引越し業者を一括見積などで依頼した方が安く済ませることが出来る場合もあるんです。

管理人的には、極々少量の荷物の場合を除き、自力での引越しはあまりオススメできません。