引越しする時期によって、引越しの料金は変わってきます。

安い時期、安い曜日、安い時間帯を上手に狙って引越しすることができればそれだけで金額に大きな差がでてきます。

まず、引越しシーズンである3月~4月上旬までは繁忙期ですので、この繁忙期は引越し料金が高くなります。

進学や転勤で需要が高くなるためです。

また、土日・祝日に引っ越す場合は平日と比較すると引越し料金が2~3割ほど高くなってしまいますので、可能であれば平日に引越ししたいものです。

これも土曜・日曜・祝日休みの人が多く、需要と供給のバランスによるものなので当然といえば当然ですね。

また、時間帯を指定する場合は、午前に指定するよりも午後に指定した方が安くなります。

これは、午前便の引越しが遅れたり早まったりすることで、ある程度の時間が引越し業者の都合に左右されてしまうためです。

ですから格安で引越ししたい方は、平日の午後を指定するとそうでない場合よりも引越し料金が安くなる事になります。

またこれら以外にも格安で引越しをする方法があります。

それは迷信を信じない様にする事です。

なぜなら、大安の日に引っ越しをする場合は引っ越し料金が高くなるからです。

引越しという行事はそう頻繁に行うものではないために、やはり縁起をかついで大安を選んだり、仏滅を避けたりする人が多いようです。

ですから格安で引越しをしたい方で迷信を信じないという方の場合は、仏滅の日を選ぶと良いでしょう。

それともう一つ、忘れてはならないのが早期割引です。

実は引越し業者によって早割(早期割引)が適用される場合があるんです。

引越しする1ヶ月以上前から一括見積もりサイトで見積もりを始めると、引越し料金が安くなるんです。

しかも、標準引越運送約款によれば、引越しのキャンセル料が発生するのは、当日と前日のみなんです。

とりあえず、早割(早期割引)の利くうちに1件の引越し業者を決めておき、その後でじっくり検討して他の引越し業者に変更することも可能です。
(ただし、提供されたダンボール等の資材に手を付けてしまうと、その分の実費は請求されますので、注意が必要です。)

これらの制度を利用することで、工夫次第では格安で引越しをする事も可能なんです。

その為に便利なのが一括見積もりサイトです。

格安で引越しする為に是非活用してみて下さいね。

一括見積もりをとるベストなタイミングは、まず引越しの約3ヶ月前に1回、ここで早割のきく最安値業者を決定し、その1か月後(引越しの約2ヶ月前頃)に最後の一括見積もりをとって、最終決定するのが理想的です。

引越し予定日に近づけば近づくほど、希望する日程や時間帯は埋まってきてしまいます。

たまたま引越し業者に人や車両が余っている時と自分の希望の日程が上手くハマれば安く済ませられるかもしれませんが、余裕を持って荷づくりなどの準備を進めることを考えると、2ヶ月前(遅くとも1ヶ月前)には引越しげ業者を決定し、準備を開始したいものです。